2006年10月14日

D.Gray-man 第02話「黒の教団」

◆黒の教団
この世界を説明する上で必要なことを、この回で教えられました。
まず、仮想19世紀であるこの時代。
アクマを知るものは、黒の教団とその関係者、そして千年伯爵のみ。
つまり、黒の教団VS千年伯爵の図式なわけです。
そもそもなぜ敵対しているのか、詳しい理由はわかりません。
ただ、昔に一度千年伯爵を倒したらしく、そのときにイノセンスの存在を黒の教団にもたらした始祖のような人がいたようです。

アクマが人間に害であることは明白なので、
イノセンスの力を持つ109の者たち、つまりエクソシストを集め、
千年伯爵と敵対する、というのがこの物語の根幹でしょう。
なぜ千年伯爵が代替わりするのか(生まれ変わり?)、
黒の教団の本当の目的など、結構気になるところ盛りだくさんです。


◆アレンの歩み
最初聞いたときからもしや、と思いましたが、
彼の苗字、ウォーカーはやはり偽名でしょうか。
過去、何かが彼にあって、そこから彼はアレン・ウォーカーと名乗るようになったのかも、と。
単純に最初からこの名前だったってセンもありますが(笑)。


◆リナリー、神田、コムイ
新キャラ続々と登場です。
リナリー可愛いし、神田好きだし、コムイ変だし。
特にこの回では、コムイいい味を出してます。
有能なのか無能なのか……どちらでもありそうだから怖い。
持ってたマグカップがラブリーだったのがなぜだか嬉しかったです。はい。




posted by 伊旺 at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man

2006年10月13日

D.Gray-man 第01話 「アクマを狩る少年」

◆ジャンプでは
途中から読むと絶対に解らないと自分に暗示かけていたので、
今回アニメになって一段とわかり易くなり、ホクホクです。
こうしてみると、やはり絵柄は好き。
アレンなんて「ヒカルの碁」のヒカルに見えてしまう……。

◆アクマ
この作品のアクマの定義とは、空想上の悪魔ではなく、
千年伯爵によって変貌させられた生きた兵器のこと。

このアクマは、ある一定の条件の下で誕生します。
・死んだ人間の魂を、アクマ型にはめ込む。
・それを呼び出すのは、死んだ人間に近しい人物で、かつ死んだ人間本人ではない者。

アクマになれば、人であったときの記憶などなんのその。
やっと会えた最愛の人だってその手にかける。
だからこそ、死んだ人間の魂を呼び出す人たちは、よみがえったことに歓喜はするものの、ほとんどが蘇った新生アクマによって殺され、隠れ蓑にされます。

アレンはそのアクマを倒すことのできるエクソシストなんですよね。
今ある組織に向かっているらしいし、これからが面白くなるところでしょうか。

posted by 伊旺 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man

2006年10月10日

銀色のオリンシス 第01話 「水色の再生」

◆謎の
三人の女の子が登場するようです。
このうち一人の女の子は謎が多そう。
コウイチ、と言ってましたが、なぜ泣いているのか。

第一主人公のトキトをコウイチという人物と勘違いしてます。
彼女は彼が忘れていると思ってますが、
果たしてそれが合っているのか。
もしかしたらトキトは本当はコウイチという人物で、
記憶をなくしているとか、転生した姿とか。
前者の場合はトキトの出身が不明である必要がありますが、
転生した姿ならば、ありえる話かも。
なにより「一緒に乗った」って、もしかしてテア自身この時代の人間ではないのかも。


◆この世界
どうやら若い人はハンターとして働き、
ある程度資金がたまったり余裕を持てるようになったら、
タウンに住むようになるみたいです。

でもトキトの口ぶりから言うと、
あまりタウンに落ち着きたいような感じじゃなさそう。


◆オリンシス現象
時空の狭間に飲み込まれて、過去や未来に飛ばされてしまう現象。
テアが激しく反応しているのを見ると、
彼女は"飛ばされた"ということ?

posted by 伊旺 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色のオリンシス

コードギアス 反逆のルルーシュ 第01話 「魔神が生まれた日」

◆OPを見て
CLAMPさんがキャラデザやってるのは伊達じゃないです。
すごく面白そう。
エリア11として征服されてしまった旧日本を胸に、
打倒ブリタニアを目指す彼の言葉。
物語はどんな形で展開していくのでしょうか。


◆ブリタニア帝国
まず、ブリタニアという国家が地球上、もしくは宇宙上にあるようです。
その国の第三皇子がこの旧日本であるエリア11を統治しています。
最初はお決まりの馬鹿王子かと思いましたが、少しは統率力がありそうですし、
配下に気になる人物がいるので、結構な敵になりそうです。

このブリタニア、征服した土地の人間を犬畜生としてしかみていないのか、
その扱いのひどさを一話にして目の辺りにしました。
一応、征服と言う形をとり、旧日本人をブリタニア人として扱っていても(どうやらイレブンと呼ばれているようですが)、不要になれば子供老人にかかわらず平気で殺す。街まで壊滅させる。その心意気は皇子から一兵士にいたるまで浸透しているようで、誰も疑問にも思わない。

主人公であるルルーシュは征服を受けたときから打倒ブリタニアを掲げていますが、
彼でなくともブリタニアに友好を感じる旧日本人は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。
勿論、今の状況で抵抗することが即死につながることを誰もが心の奥で知っているからこそ、
表向きは何もすることができないのだと思います。


◆少女
もしブリタニアが、ある程度の文明を持つ国だと仮定するならば。
この謎の少女によってもたらされた契約は、ルルーシュにとって膨大な力を授かったことになりそうです。
研究段階だという彼女ですが、目覚め、ルルーシュと契約した今、ブルタニアにとっては脅威でしょう。
ルルーシュが望むことは見当がつくのですが、肝心の彼女の願いというのが気になります。
それはおいおい見ていくということで、ひとまず置いておきますが、
やはり彼女自身にそんな力を授ける能力がある、ということに疑問を持たざるを得ないので、
そこら辺の謎も知りたいですね。

それにしても、第三皇子さんは何故彼女を作ろうと思ったのでしょうね。

2006年10月08日

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

久しぶりに少佐とバトーに会えました。
菅野よう子さんの音楽にのせ、新たな事件へと事態は動き出します。
少佐不在の二年間、バトーはそれらしき事件があれば、少佐の足取りを調べていたらしいです。

その少佐自体、なぜ9課から離れていたか、最後の方でちらりと明かすのですが、確かにその問題については永遠に堂々巡りになりそうな感じです。
個々人によって代わってくるというより、状況によって変わりそう。

さて。
今回、クグツ廻しを追っている公安9課でありますが、
その実態についてはほぼ謎であり、人間であるかどうかも不明。
ただ、素子も追っている事実から、ふたたび彼らは出会うことになります。

その事件の背景に流れる、少子化問題や老人への年金問題。
政府が関与しているということは事件を追っていくうちにわかることなのですが、そのシステム、すなわちSolid State Societyそのものが、この事件の根幹となってくるわけです。
ネタばれになるので伏せますが、やはり素子ほどのウィザードはそうそういない、ということでしょうか。
政府の考えることもアニメだから、と見流せないところもあり、結構考えながら見させていただきました。

やはりラストにかけての高揚感と、何か問題を残しながらネットへと広がっていく終わり方は攻殻機動隊ならでは。
続きがあったらまた見てしまいそうです。
posted by 伊旺 at 18:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | スペシャル

2006年10月02日

.hack//Roots 第04話「Fore feel」

◆OP
歌詞というか、メロディーが染み入ってくるようになりました。
何度も聞いていると、.hack//Rootsの世界が少しわかってくるような。
これからの出来事を考えるのに整理できそう。


◆タビー
可愛い。から、なんとなく小さい子なのでは、と思ってしまいます。
行動もおかしいですし(笑)。
やはり匂坂との会話の妙が好きです。


◆変化
でてくるバグ。
何かの序章?
ハセヲも黄昏の旅団に入ったことだし、
アウラの名前も出てきたことだし、
事態が明らかにされだした気がします。

それにしても、彼女達ロストグラウンドに簡単に入ってるような……


◆またゴード登場
独特な人ですな。
でも好きそうな人です。出番なさそうだけど。
というか、いつの間にハセヲは弟子になったのでしょう。


◆タン
作っている奴らに注意しとけ、と俵屋は言うけれど、
それは彼らがゲーム関係者ということを示しているのか、
それとも裏でアイテムの違法作成をしていることを示すのか。
でも、建物をもらっているということは、
そこの部分は表向きゲームで一任されているということですよね。

posted by 伊旺 at 05:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | .hack//Roots

.hack//Roots 第03話「Join」

◆BBS
ハセヲがBBSに載るようになり、ちょっと有名に?
PKされるかと思ったら、なんか頼み事されてます!

魅惑の黒いマルチウエポンって……
逃げたくなる気持ちもわかりますって。


◆花
オーヴァンの好きな、花の色。
それは黒。
これは何かを暗示しているような気がしてなりません。
簡単なセンでいくと、ハセヲかもしれないけれど、
ほかに何かあるのでしょうか。


◆三角
ハセヲが志乃へと抱く感情が少しずつ変わってきている?
ハセヲと志乃とオーヴァンの三角関係にもつれ込んだり……はしませんよね。
それよりももっと大事な問題がかかわってきそうだし、
なによりオーヴァンがそれどころではなさそうな感じですし。


◆どちらを選ぶ
ハセヲくんモテモテ。
しかし、彼が何ーにも判っていないのがもどかしいというか、
視聴者としてもわかっていないので何が何やら。

彼はいまだに誰とも会ってなさそうなので、
もしかして汚染されているとかいう類でもないよね。

でも今回の主人公は精神的には健康そうなので、
物語としてはわくわくしながらみられ……ると思います。
多分。

それにしても、オーヴァンもハセヲもフッフッ言い過ぎ(笑)。
間の取り方は.hack節ですが。
posted by 伊旺 at 05:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | .hack//Roots

.hack//Roots 第02話「Twilight Brigade」

◆黄昏の旅団
ハセヲを仲間に入れて、かわいい獣少女タビーも仲間に入れて、
オーヴァン達の目的は何なのか、
それを知りたいというのが目下の課題でもあります。

それにしても。
黄昏の旅団って、本当にキー・オブ・ザ・トワイライトを探してるんだ。
でも、ほかに何か目的があるみたいだし、
オーヴァンが得体知れないし。

キー・オブ・ザ・トワイライト。
いまだ伝説化されている。

敵方の女性(エンダー?)は、本当にあるかどうか疑っている節があるけれど、
自分だけの武器が欲しいとは思っている。


◆ハセヲと志乃
最初からPKされたハセヲにとっては、
ザ・ワールドは印象の悪いゲームでしょう。
ゲームって、印象によって、その人にとって
いわゆるクソゲーや、良質ゲーになったりするわけで。
ハセヲは、志乃に会うことによって、もう一度見定めようとしたのかも。

赤ちゃんでもできること、君は、できないの


◆ほかのメンバー
匂坂ってば、どんな位置づけの人なのだろう。
頭から草が生えてる?
タビーとのコンビがなぜか似合っている感じ。


◆情報屋
なんか面白い人出現。
あの子を思い出すなあ。
SIGNでの、実は子供だったあの子。
正義のPKとはなんたるぞや。
彼が言うオーヴァンはすごく嫌ぁーな奴に見えますが、
果たして合っているのかどうか。
私見では、少しは合っているのでしょうが、
彼は彼なりにその道に突き進んでそうな感じでしょうか。
ただ、皆から一目置かれているけれど、本質的に二流なのか一流なのかは図りかねます。
posted by 伊旺 at 05:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | .hack//Roots

2006年09月27日

BLOOD+ 第50話 (終)「ナンクルナイサ」

◆カイの見ている「サヤ」
それは、今まで暮らしてきたサヤ。
眠りから覚めてからのサヤ。
彼はそのサヤを求めます。
確かに、そのときのサヤは、家族に包まれて、幸せだった。

お前だって、サヤを愛してるんだろう

そしてハジに初めてハッパを。


◆ハジとうとう

笑顔が欲しかったのです
あなたに出会ったころの笑顔がもう一度、あなたに戻るなら、
私はすべてを引き返えにしてもいいと、尽くしてきたのです


彼の尽くしぶりにはもう、シモベか!と言いたくなるほどでしたが、
(いや、ある意味配下ではあるのでしょうか)
彼なりの考えがあってのことだったと。

確かに理由はあるのだろうと思いました。
が、最終回になってようやっと独白してくれて嬉しいです。

カイが不器用な愛なら、ハジは包み込む愛のような気がします。
カイはもしかしたら、愛を返してくれるように求めるかもしれないけれど、
ハジはそっと見守る、みたいな。
例えサヤがどの人と結ばれようとも。
それが淡々として見えるから、もうちょっと愛情表現を出すんだ!と思ってしまうのですが(苦笑)。
だって、カイにしろハジにしろやはり最愛の人がほかの人と一緒になったら、少しは苦悩する……よね?(なんか自信なくなってきたけれど)


◆いやー!
ナンクルナイサ……
失礼ですが、

ハジにまで言わせないでくれい

あなたを愛しています

やっとこの言葉が聞けたのに。というか言ったのに。
やはりサヤとハジは結ばれないのか。


◆後日談1
ちょっと待て。
なぜあの方が生きているのでしょう。
死に方があっさりしすぎていて不服だったのは事実ですが、
これではこの後が気になってしまう!


◆後日談2
カイってば主夫になっちゃってまあ。
立場逆転なのでは、とちらりと思いましたが、
サヤがサヤだし。カイは店を継ぎたいでしょうし。
子供達にもカイカイ言われてます(笑)。
これはなめられているのか親しまれているのか。
彼も最初のころと変わって穏やかな愛を感じます。


◆後日談3
よっ、良かった(泣)。
最後の薔薇を見てそう思いました。
EDの画像から、もしやと思い、カイの言動で決定的に。
サヤが目覚めるのは30年後くらいですかね?
そのときにはカイも姪たちもいるわけですが、
彼もいる。
今思えば、サヤはもう翼手の血を残したくないだろうから、
ワクチン以外には与えない、つまり、
カイには血を与えなかったのかもしれない。
それは、いつかカイは死に、ハジとともに生きていくことを示唆します。

勿論そうやったからといってハジとサヤが結ばれるのは簡単な問題ではありませんが、
この後、穏やかな未来を想像できるのがほんの少し嬉しい。


と言いつつも、問題が山積みに残っていて、
もしかして二部もありうるかとかんぐってしまいます。

まさかね。

最終回まではやきもきしましたが、ひと段落を一応つけてくれた、ということで。さてさて、本当に二部あったりするかなあ……


posted by 伊旺 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | BLOOD+

2006年09月23日

.hack//Roots 第01話 「Welcome to “The World”」

◆SIGNを思い出すなー
見始めました、Roots!
SIGNは結構マンネリながらも最後のほうが好きだったので、少し期待です。


◆志乃
の声。
結構嬉しいです、昴のときの、独特な感じが好きだったから。
願わくば、キャラがかぶらないこと……ですな。

やっと、ギルド、再開だね
見つかるよ、絶対

黄昏の旅団は何かを探してるのでしょうか?
キー・オブ・ザ・トワイライトじゃないだろうけど。
まさかね。


◆PK横行しすぎ
プレイヤーキラー。
皆楽しくゲームしようよ。
なんて甘いことを言って解決する話でもなさそうです。
しかし近頃の若いモンは……(笑)。


◆ハセヲ
彼の役割って何でしょう。
そもそもオーヴァンは何かを知ってそうですが、
彼自身少し変わってそうだし。

posted by 伊旺 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | .hack//Roots

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。