2006年09月27日

BLOOD+ 第50話 (終)「ナンクルナイサ」

◆カイの見ている「サヤ」
それは、今まで暮らしてきたサヤ。
眠りから覚めてからのサヤ。
彼はそのサヤを求めます。
確かに、そのときのサヤは、家族に包まれて、幸せだった。

お前だって、サヤを愛してるんだろう

そしてハジに初めてハッパを。


◆ハジとうとう

笑顔が欲しかったのです
あなたに出会ったころの笑顔がもう一度、あなたに戻るなら、
私はすべてを引き返えにしてもいいと、尽くしてきたのです


彼の尽くしぶりにはもう、シモベか!と言いたくなるほどでしたが、
(いや、ある意味配下ではあるのでしょうか)
彼なりの考えがあってのことだったと。

確かに理由はあるのだろうと思いました。
が、最終回になってようやっと独白してくれて嬉しいです。

カイが不器用な愛なら、ハジは包み込む愛のような気がします。
カイはもしかしたら、愛を返してくれるように求めるかもしれないけれど、
ハジはそっと見守る、みたいな。
例えサヤがどの人と結ばれようとも。
それが淡々として見えるから、もうちょっと愛情表現を出すんだ!と思ってしまうのですが(苦笑)。
だって、カイにしろハジにしろやはり最愛の人がほかの人と一緒になったら、少しは苦悩する……よね?(なんか自信なくなってきたけれど)


◆いやー!
ナンクルナイサ……
失礼ですが、

ハジにまで言わせないでくれい

あなたを愛しています

やっとこの言葉が聞けたのに。というか言ったのに。
やはりサヤとハジは結ばれないのか。


◆後日談1
ちょっと待て。
なぜあの方が生きているのでしょう。
死に方があっさりしすぎていて不服だったのは事実ですが、
これではこの後が気になってしまう!


◆後日談2
カイってば主夫になっちゃってまあ。
立場逆転なのでは、とちらりと思いましたが、
サヤがサヤだし。カイは店を継ぎたいでしょうし。
子供達にもカイカイ言われてます(笑)。
これはなめられているのか親しまれているのか。
彼も最初のころと変わって穏やかな愛を感じます。


◆後日談3
よっ、良かった(泣)。
最後の薔薇を見てそう思いました。
EDの画像から、もしやと思い、カイの言動で決定的に。
サヤが目覚めるのは30年後くらいですかね?
そのときにはカイも姪たちもいるわけですが、
彼もいる。
今思えば、サヤはもう翼手の血を残したくないだろうから、
ワクチン以外には与えない、つまり、
カイには血を与えなかったのかもしれない。
それは、いつかカイは死に、ハジとともに生きていくことを示唆します。

勿論そうやったからといってハジとサヤが結ばれるのは簡単な問題ではありませんが、
この後、穏やかな未来を想像できるのがほんの少し嬉しい。


と言いつつも、問題が山積みに残っていて、
もしかして二部もありうるかとかんぐってしまいます。

まさかね。

最終回まではやきもきしましたが、ひと段落を一応つけてくれた、ということで。さてさて、本当に二部あったりするかなあ……


posted by 伊旺 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(2) | BLOOD+

2006年09月23日

.hack//Roots 第01話 「Welcome to “The World”」

◆SIGNを思い出すなー
見始めました、Roots!
SIGNは結構マンネリながらも最後のほうが好きだったので、少し期待です。


◆志乃
の声。
結構嬉しいです、昴のときの、独特な感じが好きだったから。
願わくば、キャラがかぶらないこと……ですな。

やっと、ギルド、再開だね
見つかるよ、絶対

黄昏の旅団は何かを探してるのでしょうか?
キー・オブ・ザ・トワイライトじゃないだろうけど。
まさかね。


◆PK横行しすぎ
プレイヤーキラー。
皆楽しくゲームしようよ。
なんて甘いことを言って解決する話でもなさそうです。
しかし近頃の若いモンは……(笑)。


◆ハセヲ
彼の役割って何でしょう。
そもそもオーヴァンは何かを知ってそうですが、
彼自身少し変わってそうだし。

posted by 伊旺 at 14:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | .hack//Roots

2006年09月22日

Blood+ 第49話「二人の女王」

◆ヴァン死んじゃう!?
手に飴を握り締め……彼の生死ははたさてどうなる?
そもそも余り事情を知らなそうな彼……
結構被害者だったりして。酷いこといっぱいしてるけどね。


◆サヤとディーヴァ
人間を知るサヤと、知らないディーヴァ。
人間のいる世界を望むサヤと、人間のいない世界を目指すディーヴァ。
ディーヴァは、本当にわからないのでしょう。
人間の必要性が。

ここに、普遍の命題、善と悪の定義を思い出します。

どちらが正義で、どちらが悪なのでしょう?


◆ハジの値段
って一切れのパン?
えーーーーー!?
嘘だと言って……
飢えてたとか何かでせうか。


◆ネイサン
まさか漁夫の利、と言うのでしょうか、ちょっと違う気がしますが、
最悪ディーヴァとサヤと両方が死んでしまってもあの子供達がいるから、
って傍観してるのでは……

もう、次世代の後継者はいる。
血によってつむがれる未来はありうる。
そういうこと?

と思っていたら。

なぜディーヴァだけが倒れたのか。
子を宿すことで自らの血が力を失ったのに。
そう言うネイサン。
彼は何を見ていた?

なぜか納得できない終わり方です。


◆さてさて
話としては、子供達を殺して、ハジに自分を殺してもらって、
ハジもその後を追う……という筋書きなのでしょうが、
カイが割り込んできたことで何かが変わるのでしょうか。

やはりカイはキーパーソンとなるのか。

……もっとハジを活躍させてください。
posted by 伊旺 at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(1) | BLOOD+

Blood+ 第48話「摩天楼オペラ」

◆サヤの眠り
近そうです。
眠りにつくまでの間には、絶対ディーヴァを倒さなければいけない。
そうしたら、自分も死ぬつもり。
そうなったら絶対ハジは後を追うだろうし……
違う最後はないのかな。


◆アンシェルとネイサン
アンシェルはディーヴァを手段としてしか考えていない?
しかし、ネイサンはその血に服従している。

この回でネイサンが気になる言葉を発します。
サヤとディーヴァのの母親にもシュヴァリエがいたとしたら。
え、それってネイサンのことでしょうか。
自己申告?
そもそもシュヴァリエって血を分けた主が死んだら消滅すると思っていましたが、そうでもないのでしょうか。


◆ハジの想い
小さいころのハジは、サヤに反発もしたり、頷ける程度の正論も言ってました。
今はほとんどシモベですが。
そのハジが、カイに「あなたに何がわかるんです」という。
ハジが最終的に望んでいるものは何か。
もしそれがかなうのならば、彼は何をするだろう。
もうね、たがをはずしてもいい頃だと思うよ。
だって、最終回間近だよー。
ヒーロー(?)らしくならないと!


◆ディ、ディーヴァの服……あたま……え?


posted by 伊旺 at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

2006年09月18日

のび太の恐竜2006

映画ドラえもん―のび太の恐竜2006
映画ドラえもん―のび太の恐竜2006
藤子・F・不二雄 シンエイ動画

by G-Tools


はじめて新生ドラえもんの声を聞きました。
のび太は違和感なし。しずかちゃんも艶がある感じでよし(笑)。
じゃいあんも……一番変わってない気がします。

そして、スネ夫は、一番気になってる声優さん。関さんです!
うーむ。最初は違和感あったけれど、関さんに似合わずがんばっている(笑)!
スネ夫に聞こえます。
ほかの人は余り知らないけれど、声優さんとして売れているのは関さんが一番ではなかろうか。

ドラえもんの声も少しはちゃめちゃ感があっていい感じです。
これが新生ドラえもんなんですねー。

私が今まで触れてきたドラえもんと何が変わったかというと、

のび太が格好よく見える。
しずかちゃんが艶っぽく見える。いい子というよりいつか女の武器を使いそう……(思う存分惑わしてください・笑)
ドラえもんが、アニメ版というより、漫画版に見える。


という点でしょうか。
結構好きです、新生ドラえもん。
TV版はわかりませんが、映画版は、大人でも楽しめそうです。
というより、泣きます。
ドラえもんは大切な主題を含んでいるので、
子供達が見るアニメとして、いつまでも残していって欲しい。


最後のテロップみて思いました。
劇団ひとりさんスゴッ。

posted by 伊旺 at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画

2006年09月11日

BLOOD+ 第47話「全ての血を超えて」

◆「戦って」
最初にハジがこの言葉を言ったときは、
どこぞの小説で異世界からきた麒麟さまが
主に剣を取れ、といっているのを思い出しましたが、
いまになって、この言葉を言えといわれると、違うニュアンスが伝わってきます。

勿論ハジ自身も同じ意味合いで言っているのではないと思いますが、
彼は本来小夜に戦って欲しいわけではなく、
彼女らしく生きて欲しかっただけ。

そのためならば、カイとの未来さえも指し示す。

いやだー!
カイと結ばれるよりハジと結ばれなければ。
少なくともカイと結ばれると予想している視聴者がいるのか……


◆デヴィッド、
「気をつけて」の言葉に、「ああ」
ってそれだけ?
それだけ?


◆ディーバの子供達
最終回に生まれてきたりするのでしょうか。
その場合、ディーバの心を変えるきっかけとなったりすると面白いのですが、
そこまで単純でもやさしくもないかな。
posted by 伊旺 at 03:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

BLOOD+ 第46話「あした天気になあれ」

◆ソロモン
いつの間にやらディーバの子供が生まれています。
そのせいか、ネイサンが戻ってくるように言います。
腹では何を考えているのか。

このネイサインって本当に何を考えているのかわかりません。
なのに能力値は高いとくるから(多分)、後が少し怖いです。


◆マオ
ある意味マオは暗い雰囲気を払拭するには一番の人です。

カイがまだ小夜に告白してない、ということから発端し、
小夜とハジを引き離して二人きりの時間をあげます。

でもなぜだろう。
小夜もカイのことを意識しているように感じるのに、
二人が結ばれるとは思わないんですよね。

それは、小夜がハジと交わした約束のせいなのか。
それとも、ハジとの仲を望んでいるのか。
難しいってわかってますが……(泣)。

でも、私は、カイと小夜は家族というくくりだからこそ良いような気がします。
だっていまさら愛とか恋とか考えられませんよ。


◆ヴァンってフランス生まれだったんだ……


◆いまさらだけど、ディーヴァってなんでリクの姿をしているんだろう。
好きだから?


◆翼手の増殖
・肉眼でディーバを確認する。
・D塩基を体内に取り込んでいる。
・そして、ディーバの歌声を聴く。

これで、翼手となるという。
翼手ばかり増やしてどうする、という気もしますが、
(だってそんな世界嫌です)
それがディーバ側にとっては第一歩な訳ですよね。
このまま、ディーバの公演をきっかけに最終決戦に縺れ込みそう。


◆小夜の選択
カイが思いがけずプロポーズなんてしたりするから、
小夜の決断にどきどきしましたが、
よく考えると小夜の答えは150年以上も前に決まっていたようなものなのでは。
ハジに頼んだこと。
約束の言葉。

約束して欲しいの、私がすべてを終わらせたら…

あなたの手で、私を殺して


彼にしか殺せないと思ったからなのか、
彼だから殺して欲しいと思ったからなのか。

後者だと嬉しいのですが(不謹慎…)、
小夜が何も選ばず、最後に死を望んでいる以上
この答えは明白にされないのかもしれません。

できるならば、これから最終回にかけてはっきりさせて欲しいです。
posted by 伊旺 at 02:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

BLOOD+ 第45話「手のひらを太陽に」

◆ハジ
久しぶりに活躍?
カイを受け止めたとおもったら、すぐにポイしました(笑)。

というかカイが襲われてしまうのはなぜなのか、
というと、
ジェイムズが邪魔に思ったからなんですよね。
ディーバがカイをシュヴァリエにするやらなにやら
単刀直入に言うから。

そうなったらカイとサヤが結ばれる道もあるのでしょうか。
それってなんというか嫌ですけれども。


◆カイ
やっていること矛盾しているような……
なぜかはわからないけれど、モーゼスの言っていることは
すごく心に染み込んできます。
なのに、カイの言葉は伝わらない。
人徳のなせる業でしょうか(笑)。

どちらかというと、モーゼスの方がかわいそうでならないです。

わかっていた。わかっていたはずなのに、僕は……

そして何かを決意したようなシフ二人。
カルマンとモーゼスは、今までのシフたちは、
誰よりも人間の心を持っているがゆえに苦しんでいる。

僕は、人間の本に書かれていた、希望という言葉を信じてみたい!
俺達は、あの時始まったんだ


彼らは、本当に遠いところまで来たのだと思います。
それは彼らが今まで歩んできた道。
かけがえのない道のりです。
すべてをルルゥに託した今、ルルゥは決して死んで欲しくない。






posted by 伊旺 at 01:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

BLOOD+ 第44話「光の中に」

◆ディーバの子
ディーバは八ヶ月ということですが、いつ生まれるのやら。
今思えば、リクがディーバと子供を作ったというより、
リクが吸収されていつの間にやらお腹が膨らんだという感じでした。
この形が普通ならば、
小夜の場合も誰かを吸収というか、殺すことになるのだろうか。


◆ルルゥかわいすぎ。
シフが生き残る道が少しずつ見えてきた感じです。
でも、その先が見えるのは最終決戦後ということになりそう。
第一小夜の血ではあの結果を導いてしまったわけだし、
やはり研究結果からどうにかできるのかもしれない。

それにしても、
皆人間的になってきているというか、
かわいいです。

しかして、カルマンは。
前々から結構つっけんどんとしてましたが、ここに来て悪化してきています。
大事なのは、彼の変化の理由。

でも、彼の言うこともわかる。
彼らが死なないためにすること。
それをしないことには、彼らから、根本的な憂いを取り除くことはできない。

俺は怖い、死ぬことがたまらなく怖い

それは、彼らがもう人間と呼べるに等しい存在に、近づいてきてるからでは?

モーゼス、俺のこと、憶えていてくれよな

どうか、死なないでほしい。
カルマンのあの状態を見ても、
予告を見ても、
やはり願うことは彼らの生。
生き残る道を模索してしまうのですが、
それが果てしなく難しい道のりだということも事実。

次回が気になります。





posted by 伊旺 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

2006年09月10日

BLOOD+ 第43話「こころ乱れて」

◆デヴィッドがやっとジュリアに「戻って来い」と言ったよ。

今までジュリアのこと思っているのかどうかわからない態度だったけれど、
これはもしかしてもしかするのか?

この二人にも幸せになって欲しいなあ。

あいつにしちゃあ、上出来だ

デヴィッドってばちょうどいい時に起きてないと!


◆コープスコーズ
ここまで改良されているとは……
人間を襲わず、翼手だけを襲うことができる。
でも彼らに活躍の場はあるのか。


◆小夜とソロモン
小夜はなぜ裸なんだ。
王子さまから逃げる小夜。
やはりソロモンの一方的な思いにしか見えないところが悲しいというか……

もう僕にはあなたしかいないんです

あなたと二人だけで、永遠の時間を生きるために

僕の花嫁になって

その前に、あなたを愛する一人の男なのです


ソロモン、おせおせムード全開です。
もう小夜一直線です。
ディーバを殺めることさえも決断する。
でも、ディーバを殺したらソロモンは消滅してしまったりするんじゃ……

そもそも前回で発覚したことですが、
小夜とディーバが双子として生まれてきた訳は、ちゃんとあったんですよね。
それは、小夜のシュヴァリエがディーバと子を成すことができ、
ディーバのシュヴァリエが小夜と子を成すことができる。

そうやって子孫を繁栄させるために、一人ではなく二人で生まれてきたということ。

ここで悲しい事実に気づいてしまいます。

小夜とハジでは、子を成す、といった意味での幸せは得られないということ。
それをハジは最初から知っていたのかも知れない。


◆ハジとソロモン

小夜は、私のすべてだ

小夜は果たして誰を愛しているのだろうか。
すべてがはっきりしないうちに、
二人が争いを始めているような気がします。
私はハジと小夜をプッシュするのですが。


◆小夜の決意

だってこれは、私の戦いだから

でも、小夜は小夜です。
彼女はどこか頼りなさげで、
時々考えていることがわからない。
それでも、まっすぐに突き進んでいく。


◆ネイサン
この人って少し得体が知れません。


posted by 伊旺 at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | BLOOD+

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。