2006年10月10日

銀色のオリンシス 第01話 「水色の再生」

◆謎の
三人の女の子が登場するようです。
このうち一人の女の子は謎が多そう。
コウイチ、と言ってましたが、なぜ泣いているのか。

第一主人公のトキトをコウイチという人物と勘違いしてます。
彼女は彼が忘れていると思ってますが、
果たしてそれが合っているのか。
もしかしたらトキトは本当はコウイチという人物で、
記憶をなくしているとか、転生した姿とか。
前者の場合はトキトの出身が不明である必要がありますが、
転生した姿ならば、ありえる話かも。
なにより「一緒に乗った」って、もしかしてテア自身この時代の人間ではないのかも。


◆この世界
どうやら若い人はハンターとして働き、
ある程度資金がたまったり余裕を持てるようになったら、
タウンに住むようになるみたいです。

でもトキトの口ぶりから言うと、
あまりタウンに落ち着きたいような感じじゃなさそう。


◆オリンシス現象
時空の狭間に飲み込まれて、過去や未来に飛ばされてしまう現象。
テアが激しく反応しているのを見ると、
彼女は"飛ばされた"ということ?

posted by 伊旺 at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀色のオリンシス

コードギアス 反逆のルルーシュ 第01話 「魔神が生まれた日」

◆OPを見て
CLAMPさんがキャラデザやってるのは伊達じゃないです。
すごく面白そう。
エリア11として征服されてしまった旧日本を胸に、
打倒ブリタニアを目指す彼の言葉。
物語はどんな形で展開していくのでしょうか。


◆ブリタニア帝国
まず、ブリタニアという国家が地球上、もしくは宇宙上にあるようです。
その国の第三皇子がこの旧日本であるエリア11を統治しています。
最初はお決まりの馬鹿王子かと思いましたが、少しは統率力がありそうですし、
配下に気になる人物がいるので、結構な敵になりそうです。

このブリタニア、征服した土地の人間を犬畜生としてしかみていないのか、
その扱いのひどさを一話にして目の辺りにしました。
一応、征服と言う形をとり、旧日本人をブリタニア人として扱っていても(どうやらイレブンと呼ばれているようですが)、不要になれば子供老人にかかわらず平気で殺す。街まで壊滅させる。その心意気は皇子から一兵士にいたるまで浸透しているようで、誰も疑問にも思わない。

主人公であるルルーシュは征服を受けたときから打倒ブリタニアを掲げていますが、
彼でなくともブリタニアに友好を感じる旧日本人は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。
勿論、今の状況で抵抗することが即死につながることを誰もが心の奥で知っているからこそ、
表向きは何もすることができないのだと思います。


◆少女
もしブリタニアが、ある程度の文明を持つ国だと仮定するならば。
この謎の少女によってもたらされた契約は、ルルーシュにとって膨大な力を授かったことになりそうです。
研究段階だという彼女ですが、目覚め、ルルーシュと契約した今、ブルタニアにとっては脅威でしょう。
ルルーシュが望むことは見当がつくのですが、肝心の彼女の願いというのが気になります。
それはおいおい見ていくということで、ひとまず置いておきますが、
やはり彼女自身にそんな力を授ける能力がある、ということに疑問を持たざるを得ないので、
そこら辺の謎も知りたいですね。

それにしても、第三皇子さんは何故彼女を作ろうと思ったのでしょうね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。