2006年10月14日

D.Gray-man 第02話「黒の教団」

◆黒の教団
この世界を説明する上で必要なことを、この回で教えられました。
まず、仮想19世紀であるこの時代。
アクマを知るものは、黒の教団とその関係者、そして千年伯爵のみ。
つまり、黒の教団VS千年伯爵の図式なわけです。
そもそもなぜ敵対しているのか、詳しい理由はわかりません。
ただ、昔に一度千年伯爵を倒したらしく、そのときにイノセンスの存在を黒の教団にもたらした始祖のような人がいたようです。

アクマが人間に害であることは明白なので、
イノセンスの力を持つ109の者たち、つまりエクソシストを集め、
千年伯爵と敵対する、というのがこの物語の根幹でしょう。
なぜ千年伯爵が代替わりするのか(生まれ変わり?)、
黒の教団の本当の目的など、結構気になるところ盛りだくさんです。


◆アレンの歩み
最初聞いたときからもしや、と思いましたが、
彼の苗字、ウォーカーはやはり偽名でしょうか。
過去、何かが彼にあって、そこから彼はアレン・ウォーカーと名乗るようになったのかも、と。
単純に最初からこの名前だったってセンもありますが(笑)。


◆リナリー、神田、コムイ
新キャラ続々と登場です。
リナリー可愛いし、神田好きだし、コムイ変だし。
特にこの回では、コムイいい味を出してます。
有能なのか無能なのか……どちらでもありそうだから怖い。
持ってたマグカップがラブリーだったのがなぜだか嬉しかったです。はい。




posted by 伊旺 at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man

2006年10月13日

D.Gray-man 第01話 「アクマを狩る少年」

◆ジャンプでは
途中から読むと絶対に解らないと自分に暗示かけていたので、
今回アニメになって一段とわかり易くなり、ホクホクです。
こうしてみると、やはり絵柄は好き。
アレンなんて「ヒカルの碁」のヒカルに見えてしまう……。

◆アクマ
この作品のアクマの定義とは、空想上の悪魔ではなく、
千年伯爵によって変貌させられた生きた兵器のこと。

このアクマは、ある一定の条件の下で誕生します。
・死んだ人間の魂を、アクマ型にはめ込む。
・それを呼び出すのは、死んだ人間に近しい人物で、かつ死んだ人間本人ではない者。

アクマになれば、人であったときの記憶などなんのその。
やっと会えた最愛の人だってその手にかける。
だからこそ、死んだ人間の魂を呼び出す人たちは、よみがえったことに歓喜はするものの、ほとんどが蘇った新生アクマによって殺され、隠れ蓑にされます。

アレンはそのアクマを倒すことのできるエクソシストなんですよね。
今ある組織に向かっているらしいし、これからが面白くなるところでしょうか。

posted by 伊旺 at 19:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | D.Gray-man

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。